irukaとは|デザイン

車輪の上の
アイデアたち

例えばスタンド。
多くの自転車にはスタンドが付いていますが、
スタンドは駐輪するとき以外は必要ありません。
だからirukaは、スタンドがなくても
自立するようにデザインされました。
走る・駐める・運ぶ・収納する、全ての機能を
シンプルかつスマートに実現すること、
それがirukaのデザインコンセプトです。

ジャックナイフフレーム

irukaの最大の特徴である、左右対をなして弧を描くジャックナイフフレーム。中央のスリットに後輪を格納し、コンパクトかつ美しい折りたたみ形状を形づくります。自転車の背骨といえるトップチューブ上にヒンジがない高剛性構造が、走行性と携行性を高いレベルで両立しました。

ジャックナイフフレーム

フロントフォーク

新開発のテレスコピック式折りたたみ機構を内蔵した、左側一本の大胆な片持ちフロントフォーク。前輪を後輪と平行かつ同軸上にそろえて、折りたたんだ状態で転がすことを可能にしています。

フロントフォーク フロントフォーク

リアフォーク

後輪を折りたたむとリアフレームの前端部がスタンドになって自立します。メインフレームとのジョイント部にはエラストマーサスペンションを装着、走行時の微細な振動を吸収します。

リアフォーク リアフォーク

ステムとハンドルポスト

新開発のテレスコピック式折りたたみ機構によって、多くの折りたたみ小径自転車の弱点であるステム根元周辺の剛性を飛躍的に高めました。ハンドルポストは高さ調節可能、幅広い乗車ポジションに対応します。また、iruCatchを取り付ければ、バッグ類のキャリアに早変わりします。

ステムとハンドルポスト ステムとハンドルポスト

変速機

トラブルに強くメンテナンスフリー、停止中でも変速操作が可能であるなど多くの利点がある内装ギア。irukaにはその中でも特に高品質で信頼性の高いシマノ製内装8段ギアAlfine 8Sをチョイス、アップダウン・発進停止の多いシチュエーションでも、万全の走りをサポートします。

変速機

ブレーキ

140mm径の小径ローターをインストールした機械式ディスクブレーキ。制動力と操作性双方に優れ、悪天候にも強いという利点があります。

ブレーキ

チェーンテンショナー

走行時はチェーンを適正なテンションに保ち、折りたたみ時はたるみを巻き取ってチェーン外れを防ぎます。

チェーンテンショナー チェーンテンショナー

車輪

走破性と小回りのバランスに優れた18インチホイール。ウォークモードでは転がすためのキャスターに早変わりします。

車輪 車輪

カプラー

キャリアアタッチメントのiruCarryとiruCartを接続するカプラー。スリープモードの縦置き時には支えとしても機能します。

カプラー カプラー